BMW Otakky's BMW Otakky's

BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ

BMW News Weblog for BMW OTAKKY'S (BOHP)
BOHP-BLOG
BMW、BMW i、BMWモーターサイクル、BMW-MINI、ALPINA、Rolls Royceなど、BMWグループに関するニュースをお届けするBMW総合情報ブログです。

過去(1999年6月〜)から最新のニュースまでカテゴリ別に分類してあります。時系列で見るもよし、気になる言葉で検索するもよし!日々チェックしていただければと思います。

トラックバック、コメントもお気軽にどうぞっ!
RSS1.0 Atom0.3

もしよろしければ、Twitterでのつぶやきや、facebookファンページもどうぞ!

[Studie] [3D Design] [Pole positon] [Kidnie]
[Studie sendai] [Claft Japan] [Garage EVE.RYN] [モトーレン阪神 西宮北口店 - M/ALPINA専門店]


BMW
BMW i
ミニ
バイク
アルピナ
ロールス
F1
レース
ヨット
ネタ
お知らせ

<< 第42回 東京モーターショー2011でのMINI〜その4
第42回 東京モーターショー2011でのMINI〜その5 >>
第42回 東京モーターショー2011でのBMW〜その5

第42回 東京モーターショー2011でのBMW〜その4の続編です。

東京モーターショーでのBMW記者会見の内容が発表されました!



詳しくは以下をご覧ください。
2011年 東京モーターショー BMW記者会見

<イアン・ロバートソン>
未来のテクノロジーを今日の私たちに届けてくれることで世界の尊敬を集める国、日本。このたび訪ねることができ、たいへん嬉しく思います。未来の革新技術を実用化することを目指すBMWグループにとって日本はきわめて関心の高い国です。

BMWでは、革新性とデザイン、卓越した運動性能を完璧にバランスさせた車を追求することで、再び販売記録を更新しました。今年のBMWグループの全世界での販売台数は、10月末までで137万台近くに達しています。これにより、今季の目標としていた160万台以上という数字を、ほぼ達成できる見通しとなりました。

今年はBMWの日本での30周年にも当たります。おかげさまで販売が順調に伸びています。10月末までの累計販売台数は前年同期比で8%の増加となっています。このような好調な販売のおかげで、プレミアム・インポートカー・ブランドでナンバーワンのポジションを連続して獲得するという目標も見えてきました。

BMWグループと日本との関係は、日本におけるBMWグループに従事する何百人もの従業員にも当然及ぶものです。また、BMWは長年にわたり、日本国内のサプライヤーの皆様とも緊密な関係を築いてきました。多くの革新技術をもたらす日本のサプライヤーの皆様との協力関係は、BMWグループにとって重要な事であります。そこには、持続可能なモビリティ(移動の自由)を重視するBMWの姿勢が大きく関係しています。

皆様もすでにご存じのことと思いますが、BMWグループはダウジョーンズ・サステイナビリティ・インデックスにおいて、これまで7年連続、世界で最も持続可能性の高い自動車メーカーとして評価をいただいています。ここで際立っているのはBMWが持続可能なモビリティーと駆けぬける歓びを同時に実現しているという点です。BMWグループほどパワフルで、しかもCO2排出量が少ない車をお届けしているプレミアム・カーメーカーは世界でも類を見ないのです。

また、BMWグループの持続可能性へのグローバルな取り組みはグループ全体に及ぶものです。例えば、
米国工場では、近隣の埋め立て処分場から出るメタンガスを利用して、工場のエネルギー消費量のおよそ半分をまかなっています。
全世界で40年以上にわたって文化・社会関連事業200件以上に携わっています。
継続的で安定した成長を実現しています。

BMWグループの持続可能性への取り組みは、ここにあります車にも明確に反映されています。新しいアクティブ・ハイブリッド(ActiveHybrid)のワールド・プレミア(世界初公開)を今回東京で行うことにしましたが、ここはまさにうってつけの場所です。というのも、ハイブリッド車をこれほど普及させたのは日本だからです。

それでは、皆様ご覧下さい。BMW アクティブハイブリッド・ファイブ(ActiveHybrid 5)のワールド・プレミアです。

ActiveHybrid 5の多くが日本向けに出荷される予定です。日本のお客様のハイブリッドに対する期待が非常に高いことは承知していますが、同車はセグメントにおいて世界で最もパワフルかつ最も効率にすぐれたフルハイブリッドであることから、すべての市場のお客様にもご満足いただけるものと考えております。

最高出力が340馬力、CO2排出量が149g/kmというすぐれた性能は他に類を見ません。また、販売開始は2012年春を予定しており、長くお待たせすることなくご体験いただけます。それでは、この車の特長につきまして、クラウス・ドレーガーよりご説明申し上げます。

<クラウス・ドレーガー>
皆様こんにちは。この車はフルハイブリッドとして、BMWのブランド価値を十分に反映したモデルとなっています。
競合するセグメント内で最もスポーティな走行性能を誇るほか、
燃費もBMW 535iに比べて大きく向上しています。

停止状態から100km/hまで5.9秒で到達、平均燃費は6.4リッター/100km(注:約15.6km/リッター、欧州モード)となっています。

エンジンはBMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを搭載したガソリン6気筒です。BMW ActiveHybrid 5では、これに電気モーターを組み合わせています。時速60km/hまで電気モーターのみによる走行が可能なほか、加速時のブースト機能を果たします。

皆さん、現代は変革の時代であり、自動車業界も例外ではなく、排出ガス・ゼロの自動車を目指して変化を続けています。BMWでは、この変革を主導していきたいと考えています。それは、次世代テクノロジーの時代においてもナンバーワンの地位を維持するためです。

そのためには、2つの方向性を同時に模索する必要があります。その2つとは、「進化」と「革命」です。

これはBMWにとって次のことを意味します。
内燃エンジンを引き続き最適化していくこと
そして同時に、持続可能なモビリティーを追求すること。

さて、「進化」とはどういうことでしょうか?

BMWではこれまで、一連のEfficientDynamics技術を採用することにより、全販売台数の平均燃費および平均CO2排出量を着実に低減してきました。これが「進化」です。

では「革命」とは何でしょうか。

BMWでは本日、BMW i3 ConceptとBMW i8 Conceptをアジアで初めて披露します。「革命」とはこの2つのモデルのことを指します。

両モデルともテクノロジーを満載し、新しいインディビデュアル(個人の)・モビリティーの形を提示した最新鋭の車です。BMW iは、当初から純電気自動車あるいはプラグイン・ハイブリッド車として専用開発したものです。

それでは、BMW iコンセプト・カーをご覧ください。

BMW i3は電気のみで走行するモデルです。航続距離は約150km。東京や横浜などの大都市の中や周辺を走るのに十分な距離となっています。

このモデルで私がとくに強調しておきたいのは、
革新的な車両アーキテクチャー(基本骨格)と
電気駆動システム
の2つです。

まず、車両アーキテクチャーですが、BMW i3 Concept(アイ・スリー・コンセプト)では、LifeDrive(ライフドライブ)アーキテクチャーと呼ばれる、革命的な新開発の車両アーキテクチャーを採用しました。このためこの車は非常に軽量で動きも俊敏、さらには安全な上に室内も広々としています。このLifeDrive(ライフドライブ)コンセプトは、ボディを2つの独立したモジュールに分割したものです。

このうち「ドライブ」モジュールはアルミニウム製シャシーから構成されており、リチウム・イオン・バッテリーを含むパワートレイン、パワー・エレクトロニクス、それに小型でパワフルな電気モーターを内蔵しています。

この「ドライブ」モジュールの上にあるのが「ライフ」モジュールです。カーボン・ファイバー製の乗員用のセルです。この素材はきわめて軽量であるうえに、堅牢性、剛性にも非常にすぐれています。

BMW i3 Conceptは、主要な量産モデルとしては世界で初めて、ボディの大部分に軽量なカーボン・ファイバーを採用する車であり、車づくりに革命をもたらすものです。BMW i3の電動ドライブ・トレインとパワー・エレクトロニクスは、100%社内で開発されました。すぐれた動力システムを造る力こそが、BMWがもつ最大の強みの1つなのです。

電気モーターの出力が125kW(170馬力)。最大トルクが250Nmと高いレベルを実現しています。
しかも最大トルクを発進と同時に発生します。
停止状態から100km/hまで8秒以下で到達します。

バッテリーを完全に充電するのに必要な時間は、通常の電源使用時で約6時間。急速充電装置では、80%までの充電にわずか1時間しかかかりません。なお、生産は2013年末より開始の予定です。

次にBMW i8 Concept(アイ・エイト・コンセプト)をご紹介しましょう。

このモデルは、LifeDrive(ライフドライブ)アーキテクチャーを特殊な構成とすることで、スポーツ・カーとしてのキャラクターを与えました。すなわち、2つの駆動システムをそれぞれ前後のアクスル・モジュールに一体化しました。「ライフ」モジュールと合体させることにより車として完成します。このモジュールはi3 Concept同様カーボン・ファイバー製です。

採用した革新的なプラグイン・ハイブリッド方式は、BMW i3 Conceptの電気モーターをフロント・アクスルに、高性能3気筒ガソリン・エンジンをリア・アクスルに搭載するという組み合わせになっています。エンジンの最高出力は223馬力です。

BMW i8には次の3つの走行モードがあります。
電気モーターのみでの走行
電気モーターと内燃エンジンの組み合わせ
内燃エンジンのみでの走行

これにより、スポーツ・カーなみの高性能と小型車なみの低燃費を同時に実現しました。具体的な数字を見ると、
停止状態から100km/hまで5秒以下で到達、
燃費はわずか2.7リッター/100km(注:約37km/リッター、欧州モード)。CO2排出量はわずか66g/kmです。

BMW i8は、純粋でエモーショナル、しかも持続可能な新世代のスポーツ・カーです。日本のお客様にもきっと気に入っていただけると思います。

お客様については、ふたたび販売担当のイアン・ロバートソンの方からお話申し上げます。

<イアン・ロバートソン>
お客様のニーズという点は、BMW i立ち上げ時の重点項目の1つでした。世界人口の動向については、今から20年後には都市部に60%が集中すると予測されています。しかし同時に、BMWでは、個人のモビリティーのニーズ、とくに持続可能なモビリティーに対するニーズはつねに存在すると確信しています。

このためBMWでは、BMW iという新たな方向性を打ち出しました。BMW iは、電気駆動パワートレインを中心に専用設計された車です;キャッチフレーズはBorn Electric(生まれながら電気専用)。サプライ・チェーンについても、米国にある水力発電を利用したカーボン・ファイバー工場や、ドイツ国内のi3およびi8の生産拠点にエネルギーを供給する風力発電を含めるなど、持続可能性の実現を念頭に計画しました。

i3およびi8の開発では、世界各地で電気自動車による実証試験を実施しています。最近では皆様の中にも街で電気自動車のMINI Eを見かけた方がいらっしゃるかもしれませんが、これは2011年初めより東京でスタートした実証試験で、最近は大阪まで範囲を拡張して実施しています。これまでのテストから明らかになったことですが、日本のMINI Eユーザーは電気自動車を十分に使いこなしています。皆様には、プレミアムで、しかも持続可能性を実現したこの車を非常に高く評価していただいています。

電気自動車は近い将来においてゼロ・エミッション走行を実現するものですが、BMWでは本日この時点からすでに持続可能なプレミアム・カーの日本投入を開始しています。まずはフルハイブリッド・モデル。これからもさらに製品ライナップを強化する予定です。さらに、BMW X5 BluePerformanceの日本初公開を皮切りに日本市場へのディーゼル・エンジン導入が加速されます。ツインパワー・ターボを搭載したガソリン・エンジンをも含め、BMWはまちがいなく最新の燃費低減テクノロジーを日本に導入し続けます。

このように、BMWグループは未来のモビリティーを今から形作っていきます。

i3、i8、やActiveHybrid 5をお時間の許す限りご覧いただきたいと思いますが、まずはお隣のMINIブースにお集まりください。こちらでもすばらしい新型車をご紹介します。



関連記事(第37回 東京モーターショー2003関連)
モーターショー関連ニュース記事

第37回 東京モーターショー アルピナブース


関連記事(第39回 東京モーターショー2005関連)
第39回 東京モーターショーBMW展示の見所〜その1「ハイライト」

第39回 東京モーターショーBMW展示の見所〜その2「3シリーズ・ツーリング」

第39回 東京モーターショーBMW展示の見所〜その3「1シリーズ」

第39回 東京モーターショーBMW展示の見所〜その4「Z4クーペ」

第39回 東京モーターショーBMW展示の見所〜その5「エフィシエントダイナミクス」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その1「ハイライト」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その2「MINIモデルラインナップ」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その3「MINI Convertible」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その4「John Cooper Works」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その5「MINIアクセサリー」

[速報] MINI Concept Tokyo登場!

[速報] MINI Concept Tokyo登場!〜その2

[速報] MINI Concept Tokyo登場!〜その3

[速報] 新型モーターサイクルBMW HP2、国内正式デビュー!

[速報] 新型モーターサイクルBMW HP2、国内正式デビュー!〜その2

[速報] 前席と後席の仕切り付きロールス・ロイス「Phantom」登場!

BMWの「東京モーターショー」プレスカンファレンス・スピーチ内容 by ヘルムート・パンケ博士BMW AG 社長

BMW MINIの「東京モーターショー」プレスカンファレンス・スピーチ内容 by ミヒャエル・ガナル博士

第39回 東京モーターショーアルピナブース

第39回 東京モーターショーアルピナブース〜その2

第39回 東京モーターショーBMW展示概要

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示概要

第39回 東京モーターショーBMW Motorrad展示概要について

東京モーターショー向けに「BMWポッドキャスト」を開始!

東京モーターショー向けに「BMWポッドキャスト」を開始!〜その2

東京モーターショー2005、BMW関連記事特集![Update]

東京モーターショー向けに「BMWポッドキャスト」を開始!〜その3

カーデザイナーの集まる「Automotive Designer's Night Tokyo/2005」で、BMWの評価は?


関連記事(第40回 東京モーターショー2007関連)
第40回 東京モーターショー2007でのBMW

東京モーターショーのBMWブースにGT5 BMWバージョン登場!

第40回 東京モーターショー2007でのBMW〜その2

第40回 東京モーターショー2007でのBMW〜その3

第40回 東京モーターショー2007でのBMW〜その4

第40回 東京モーターショー2007でのBMW〜その5

東京モーターショーのBMWブースにGT5 BMWバージョン登場!〜その2

東京モーターショーのBMWブースにGT5 BMWバージョン登場!〜その3

BMW MINIの「東京モーターショー2007」プレスカンファレンス・スピーチ by Dr.カイ・ゼグラー

BMWの「東京モーターショー2007」プレスカンファレンス・スピーチ by シュテファン・クラウゼ

第40回 東京モーターショー2007、BMW関連レポート速報っ!

第40回 東京モーターショー2007でのBMW ALPINA

第40回 東京モーターショー2007でのBMW〜その6

第40回 東京モーターショー2007でのBMW〜その7


関連記事(第41回 東京モーターショー2009関連)
第41回 東京モーターショー2009でのBMW

第41回 東京モーターショー2009でのBMW ALPINA

第41回 東京モーターショー2009でのBMW ALPINA〜その2


関連記事(第42回 東京モーターショー2011関連)
第42回 東京モーターショー2011でのBMW

第42回 東京モーターショー2011でのBMW〜その2

第42回 東京モーターショー2011でのBMW〜その3

第42回 東京モーターショー2011でのMINI

第42回 東京モーターショー2011でのMINI〜その2

第42回 東京モーターショー2011でのBMW ALPINA

第42回 東京モーターショー2011でのMINI〜その3

BMWジャパン公式の東京モーターショー2011向けアプリ登場!

第42回 東京モーターショー2011でのBMW〜その4

第42回 東京モーターショー2011でのMINI〜その4
| BMW ニュース | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |







http://bmw.jugem.cc/trackback/15860



BMWの見積もりはこちら


Prev<< 全 [] ページ中 [] ページを表示しています。 >>Next

BMW BLOG RING
[前へ]  [次へ]

BMW BLOG RING
[ランダム] 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ソーシャルネットワーク(SNS)
BOHPでSocial Networking!
詳しくはこちらをどうぞ

BOHPのオススメ本!
BOHPのオススメ本!
BOHPのオススメ本!
BOHPのオススメ本!
BOHPのオススメ本!
特集記事
・ Special BMW特集
・ Special BMW MINI特集
・ Concept BMW特集
・ Concept BMW MINI特集
・ Concept BMW Moto特集
・ Concept Rolls Royce特集
・ Concept BMW etc特集
・ BMW Power特集
・ BMW Moto Power特集
・ BMW UFO特集
・ BMW Art Car特集
レアなBMWだけを集めました!
BMWオタク必見コーナー!(^-^)
最新記事
ニュースカテゴリ
過去のニュース
最新のコメント
  • BMW等のエンブレム盗難被害が岡山で多発
    勝村 (01/04)
  • BMW東京、役員体制変更〜その2
    ピロピロ (01/12)
  • マクラーレンF1な動画〜その10
    ブーデ (10/19)
  • [噂]次期BMW M2(F87)?〜その60
    T (10/06)
  • BMW X5 M(F85)チューニング by IND
    X6乗り (10/05)
  • BMWモーターサイクルに補助輪〜動研の「タッチダウン」
    短足の嘆息 (08/30)
  • 平成ノブシコブシ吉村のBMW i8、ダイブしたらフロントガラスにヒビが・・・〜その2
    高梨りん (07/30)
  • BMW Individual〜BMW 4シリーズグランクーペ(F36)〜その2
    s (07/12)
  • BMW Individual〜BMW 4シリーズグランクーペ(F36)〜その2
    s (07/12)
  • ニュルブルクリンク24時間レース2015でのBMW〜その4
    s (06/09)
最新のトラックバック
BMWおたっきーず!リンク
モバイル!

BOHPをケータイで!
このBLOGもチェックできますよ。
http://www.bohp.net/i/
運営者

BMW
BMW i
ミニ
バイク
アルピナ
ロールス
F1
レース
ヨット
ネタ
お知らせ


当Blogは(株)paperboy&co.が提供するサービス「JUGEM」を利用しております。 このページの先頭へ