BMW Otakky's BMW Otakky's

BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ

BMW News Weblog for BMW OTAKKY'S (BOHP)
BOHP-BLOG
BMW、BMW i、BMWモーターサイクル、BMW-MINI、ALPINA、Rolls Royceなど、BMWグループに関するニュースをお届けするBMW総合情報ブログです。

過去(1999年6月〜)から最新のニュースまでカテゴリ別に分類してあります。時系列で見るもよし、気になる言葉で検索するもよし!日々チェックしていただければと思います。

トラックバック、コメントもお気軽にどうぞっ!
RSS1.0 Atom0.3

もしよろしければ、Twitterでのつぶやきや、facebookファンページもどうぞ!

[Studie] [3D Design] [Pole positon] [Kidnie]
[Studie sendai] [Claft Japan] [Garage EVE.RYN] [モトーレン阪神 西宮北口店 - M/ALPINA専門店]


BMW
BMW i
ミニ
バイク
アルピナ
ロールス
F1
レース
ヨット
ネタ
お知らせ

<< 第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その1「ハイライト」
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その3「MINI Convertible」 >>
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その2「MINIモデルラインナップ」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示概要の続報です。
「第39 回東京モーターショー」向け、BMW MINIプレスインフォメーションより、見所を紹介します!



BMW MINIのラインナップを一挙紹介。

以下、お楽しみくださいっ!
これまで以上に求められる MINI
MINI は現在でも非常に人気があり、世界中から多くの需要があります。
モデル・ラインナップの多様化によって、MINI ブランドはここ数年で、スモール・カーのプレミアム・セグメントにおいて最も魅力的で人気のある車の代名詞となりました。
MINI は現在世界中の 70 以上の市場で販売されています。
その中で最も強力な市場となっているのが、英国、米国そしてドイツです。

MINI 個性的にして多様
新鮮なカラー・バリエーション、洗練されたボディおよびトリム、クロスとレザーのシックなシート、そして数え切れない程のオプションを組み合わせることで、あなただけの世界に 1 台しかない MINI が出来上がります。
88 PS/65 kW から170 PS/125 kW の 4 気筒エンジンのラインナップから、MINI ファンのどんな希望にも応じる走行性能と運転の楽しさを提供します。最高レベルの走る楽しさと安全性。
強力なエンジン、およびマルチ・リンク式リヤ・アクスルとフロントおよびリヤ・スタビライザを備えたシャーシとの組み合わせによる、理想的な駆動コンセプトによって、ゴーカート・フィーリング、敏捷性そして走る楽しさが提供されます。
すべての MINI モデル ? 3 ハッチバックでもコンバーチブルでも? は、世界各地の厳しい安全基準を満たしており、最高レベルの同乗者保護を提供します。そのために、剛性の高いボディ、4 つのエア・バッグ、4 つのディスク・ブレーキ、そしてコーナリング・ブレーキ・コントロール(CBC) およびエレクトロニック・ブレーキ・フォース・ディストリビューション(EBFD)を含む、多様なセーフティ・パッケージがあります。
走る楽しさ、見紛うことのないデザイン、丁寧な仕上げ、豊富なシリーズ装備に加えて、高い信頼性が、この4 人乗りのカーブの魔術師がこれほどポピュラーになっていることの理由です。


■MINI Seven, MINI Park Lane, MINI Checkmate

MINI のユーザはとても個性豊かな方ばかりです。それだけでも充分 MINI のキャラクターを強めることの理由になり得ます。
まさにそのために、MINI ファミリーに 2005 年10 月より、独自のデザインと個性を持った 3 つの新しいモデルが加わります:
それが MINI Seven、MINI Park Lane そして MINI Checkmate です。

様々な好みに対応するアトラクティブなトリオ。
これら 3 つのモデルは、長期に渡る市場での伝統に基づいた上で、はっきりと異なった顧客層からの要求に応えるものになっています。
この 3 つのモデルは、多様な装備によって MINI をさらに充実させ、しかもお手頃な価格で提供されます。新しいメタリック・カラーの高級感溢れる塗装、新型のアルミ・ホイール、クッション、デザイン・エレメントそしてインテリア・サーフェスがその個性を醸し出します。
新モデルの命名をする際、かつて成功をおさめたモデルである「クラシック」Miniを参考にしました。
MINI Seven は、あらゆる MINI の祖先であり、アレック・イシゴニアスが 1959 年に発表し、その後「Mini」と改められた Austin Seven の現代版です。
MINI Park Lane は、1987 年に製造されたクラシックMini の特別モデルからその名を受け継いでいます。最後にスポーツ タイプの MINI Checkmate は、その名を 1990 年に設計された特別仕様モデルから取っています。

MINI Seven ライフスタイル・モデル
この車両は、MINI One、MINI One D および MINI Cooper に用意され、専用の新しいメタリック・カラーであるソーラー・レッドで提供されます。MINI CooperSeven のルーフおよびドア・ミラーのカラーは、車体と同色か、白あるいは黒、または新しいコントラスト・カラーであるシルバーから選ぶことができます。それに対して、MINI One Seven のルーフは常に車体と同色の塗装であり、ドア・ミラー・カバーは黒です。
車体側面にはっきりと描かれた「7」のロゴが、この車両が極めて特別なものであることを示しています。15 インチ新型アルミ・ホイール デルタ・スポーク、フォグ・ランプおよびホワイト・ターン・インジケーターともに、リヤ・スポイラー (ディーゼル車両には適用外)には、その自信のほどが込められています。

MINI Seven の特徴を表す円形のシンボルは、以前のようにモデルに特化された黒色のシート・カバーにだけ付けられるのではありません。これは、新しいインテリア・サーフェスのデザイン・エレメントとして使われます。
MINI Seven の数多いシリーズ装備には、すでに述べたもののほかに、レザー製ステアリング・ホイール、エア・コンディショナー、ASC+T、ラジオ・ウェーブ、ボード・コンピュータ、照明とストレージ・パッケージ、ならびに運転席および助手席ハイト・アジャスタブル・シートなどが含まれます。

コンパクトなボディのエクスクルーシブ- MINI Park Lane
気品あるデザイン、トップクラスの処理が施されたレザーやクロムなどの高級素材ならびにシリーズ装備の豊富なバリエーションによって、MINI Park Lane はより高い要求にお応えします。MINI Park Lane は、新しいメタリック・カラーであるロイヤル・グレーで、MINI のすべてのモデル・バリエーションでお届け出来ます。
なによりも、ルーフの新しいコントラスト・カラーであるシルバーとのコンビネーション (MINI Cooper および MINI Cooper S)において、この高級塗装の効果が良く表れます。この効果は、ルーフ・スポイラー (ディーゼル車両には適用外)、クロム・ライン・エクステリア、クロム・ミラー・キャップおよびシックな 16 インチ・アルミ・ホイール ブリッジ・スポーク によっていっそう際だちます。
クッション・デザインが新しくなったパンサー・ブラックのレザー製カバーの掛けられたシートは、車両と同色に塗装されたインテリア・サーフェス、ツートン・カラーのレザー・ステアリング・ホイールおよびクロム・ライン・インテリアとともに、車内に色彩的に調和したスタイリッシュな雰囲気をかもし出します。シリーズ標準装備のオートマチック・エア・コンディショナーが理想的な室内温度を提供します。
MINI Park Lane のデザインは控えめで、外側からはエントランス・ストリップ、Bピラーおよび側面用ターン・シグナル・ランプの上に控えめなロゴによってそのスペシャル・ステータスが表示されているだけです。
これが、おとなしすぎるという向きには、エンジン・フードにシルバーのボンネット・ストリップをアクセントとしてオプション装備することが出来ます。
すでに述べた装備に加え、ASC+T、フォグ・ランプ、ホワイト・ターン・インジケーター、CD ラジオ・ブースト、ボード・コンピュータ、照明とストレージ・パッケージならびに運転席および助手席ハイト・アジャスタブル・シートなどが標準装備に加えられています。

スポーツ・タイプ MINI Checkmate
MINI Checkmate はスポーツ・タイプの仕様になっており、MINI Cooper およびMINI Cooper S でお届け致します。シルバーのフレーム・スポーク・デザインの17 インチ・ホイール、両側フロント・サイド・パネルのチェッカー・フラッグのパターン、コントラスト・カラーのルーフ、およびシルバーのミラー・カバーが、ホワイトにスペース・ブルーの高級塗装に良く映えています。
ご希望に応じて、ルーフ・スポイラー付きコントラスト・カラー・ルーフに良く調和するシルバーの新型 U 字型エンジン・フード・ストライプをお付けすることもできます。
スポーティでエレガントな車内は、スペース・ブルーのコーティング、ブルーとシルバー・グレーのツートン・カラーのクロス/レザー製カバーのかけられたスポーツ・シート、ならびに同じくツートン・カラーのレザー・ステアリング・ホイールが、独自のキャラクターをつくりあげています。
シンボリックなチェッカー・フラッグがボディ前部およびドア・エントランス・ストリップにあしらわれています。MINI Checkmate のモデルに特化した基本装備には、ASC+T、スポーツ・サスペンション・プラス、フォグ・ランプ、ホワイト・ターン・インジケーター、エア・コンディショナー、CD ラジオ・ブースト、ボード・コンピュータ、照明とストレージ・パッケージ、ならびに運転席および助手席ハイト・アジャスタブル・シートなどが含まれています。

個性を強調。
ヨーロッパでは 10 月の始めから、そして漸次それ以外の国々で販売開始されるMINI の新型モデルは、ご希望に応じて何種類かの他のカラーでもお届けすることが出来ます。多様な特別装備によって、ファンタジーと個性がいかんなく発揮されます。
MINI のユーザは誰でも、例えば、標準装備もしくはスポーツ・タイプ・シートのカバーを、様々なクロス製あるいは数多くのクロス/レザー・コンビネーションならびにフル・レザーの素材から選んで注文することが出来ます。さらに、エアロダイナミック・パッケージ、リヤ・スポイラー、照明付きエントランス・ストリップ、コックピット・クロノ・パッケージ、電動ガラスサンルーフ、クロム・ライン・インテリア/エクステリア、デジタル・パワー・サウンド・モジュールあるいは Harman/Kardon スピーカーなどのオーディオ・システムならびにエプロン・ライト付きライト・パッケージなどの選択肢があります。
コンフォートがなによりという方には、オートマチック・エア・コンディショナー、パーク・ディスタンス・コントロール(PDC)、シート・ヒーター、16:9 カラー・ディスプレイ付き TV ナビゲーション・システムあるいはマルチファンクション・ステアリング・ホイールがお勧めです。安全性をより高めるために、アシスト・システム ASC+T および DSC、ヘッド・エア・バッグ、キセノン・ヘッドランプあるいは自動防眩ミラー付きレイン・センサーがオプション装備できます。


■MINI One

卓越した価格性能比を持つエントリ・レベル・モデルには、3 種類のソリッド・カラーおよび 7 種類のメタリック塗装が提供されています。この場合、ルーフは常に車体と同色、ドア・ミラー・カバーは黒色に塗装されています。クロム・コーティングされたドア・グリップ、ラジエーター・グリルのクロム・エッジング、ヘッドランプ、およびテール・ランプの透明ガラス・レンズ、ならびにベルト・ラインのクロム・ストリップなどに気品の息吹が感じられます。
MINI One は全長が 3.64 メートルしかありませんが、それでも大人 4 名が乗車でき、ラゲッジ・ルームは 150 リッターの容量を有しています。分割可倒式バックレストをたたむと、ラゲッジ・ルームは堂々の 670 リッターにまで拡張されます。

スポーツ指向のベーシック・モデル
排気量 1.6 リッターおよび 16 本のバルブを有した 4 気筒エンジンは、エントリーレベルモデルで 90 PS/66 kW そして 4 人乗りでは最高時速 181 km/h に達します。3,000 rpm ですでに最大トルク 140 Nm が達成されるので、MINI One は停止状態から加速して、たったの 10.9 秒で時速 100 キロに達します。
4 速における 80 km/h から 120 km/h までの加速時間は、11.9 秒で達成されます。その際、MINI One は、標準装備の 5 速マニュアル・トランスミッションを使用しての EU 複合燃費テスト・サイクルで 6.8 リッターという結果が出ています。
MINI One の標準装備は、作動の円滑な 5 速マニュアル・トランスミッションになっています。変速操作をオートマチック制御にまかせたい方には、無段階 CVT トランスミッションをオプション装備されることをお勧めします。そうすると、MINIOne は通常のオートマチック・モードかもしくはステップトロニックによるハーフ・オートマチック 6 速トランスミッションで運転することができます。

エントリ・レベル・モデルの標準装備に含まれるものは、主に以下の通りです:
エレクトロニック・ブレーキ・フォース・ディストリビュータ (EBD)およびコーナリング・ブレーキ・コントロール (CBC)付アンチロック・ブレーキ・システム (ABS)、ステアリング・コラム・トルク・センサ、電動ドア・ミラーおよびパワー・ウインドウ、運転席および助手席ハイト・アジャスタブル・シート、ラジオ・ウェーブ、パンク・インジケータ (RPA)、分割可倒式バックレスト、メインテナンス・インターバル・インジケータ、パワー・ステアリング、コンフォート・オープンおよびリモート・コントロール機能付きセントラル・ロッキング・システム。


■MINI One D

MINI One D は、経済性と走行快適性とを完全に兼ね備えているという点では、MINI の中でも他の追随を許さないモデルです。

MINI のディーゼル・パワー・アップ
2005 年秋より MINI One D を操る楽しみが増します。すなわち、出力が 20 %もアップし、88 PS/65 kW のエンジン性能でよりスポーティかつ俊敏に変身するのです。豊かなトルク・カーブもそこにひと役買っています。可変ターボチャージャ・ジオメトリ ? この車両クラスでは画期的な特徴? のお陰で、190 Nm にまで向上したトルクは、1,800 〜 3,000 rpm という広範な回転数帯域に使用することができます。排気量 1.4 リッターのコンパクトなアルミニウム製エンジンは根本的にリニューアルされました。エンジン内部に改良を加える傍らで、エンジン・コントロール、インジェクター、オイル・ポンプ、排気ガス再循環、およびインタークーラーなどが最適化され、またエンジン・カバーが取り付けられました。
これらの処置を行ったことで、新型 MINI One D の有害物質の排出が低減され、体感出来るほどに走行性能の向上がある一方で、先行モデルと同じ経済性を維持することができました。

力強さと洗練
停止スタートから時速 100 kmまでの加速を、この俊敏なディーゼル車は 11.9秒以内でやってのけます。80 km/h 〜 120 km/h 間の加速は、4 速〜 6 速を使用してたった 10.1 秒で達成します。それ以上に加速する場合、最高速度は175 km/h に達します。この 4 気筒エンジンはガスが良く供給され、ゆったりと走行するときもスポーティに走行するときも高性能を発揮します。標準装備のスタビリティ・コントロール・システムである ASC+T は、MINI One D の豊かなトルクが常に確実に路面に伝えられているかどうかをモニタします。

環境破壊という後ろめたさのない走る楽しさ
出力の向上が見られるとはいえ、このディーゼル・エンジンが、ガソリン・スタンドを訪れることは希なことです。このエンジンは、EU 複合燃費テスト・サイクルで、4.8 リッターのディーゼル燃料しか消費しません。これは、CO2 排出量に換算すると、129 g/km に相当します。都市郊外でのテスト・サイクルでは、たった 4.3 リッターの燃料しか消費していません。走行方法次第で、50 リッターの給油で1,000 km 走行することも可能です。

MINI One D は欧州排出ガス規制「ユーロ 4」の求める条件をことごとくクリアしています。これを達成するのに、新型エンジン・コントロール(DDE 6)および新型インジェクタを装備したコモン・レール・インジェクション、触媒を内蔵した冷却排気ガス再循環システム、ならびに大容量酸化触媒を装備した改良型エグゾースト・システムなどが貢献しています。
ところで、ディーゼル・エンジンが装備されていることは、どうやって識別出来るでしょうか?MINI One の外観からは、テール・ゲートのロゴ、特別仕様のバンパー、およびサイド・シルならびにリヤ・エプロンでカバーされているリヤ・マフラーなどで識別出来ます。
2005 年 10 月からヨーロッパでの市場導入が始まり、漸次その他の国々でも販売が開始されます。


■MINI Cooper

MINI Cooper には、排気量 1.6 リッター 4 気筒115 PS/85 kW エンジンが搭載されています。このエンジンによって、この世界中で最も売れている MINI は、停止状態から100 km/h までの加速をたった 9.1 秒で行い、最高速度は 200 km/h にまで達します。最大トルク 150 Nm は、4,500 rpmで発生し、力強い牽引力を発揮します。MINI Cooperは 4 速で、80 km/h から 120 km/h への加速時間は10.5 秒以内でやってのけます。それと対照的に小さな数値を示しているのが燃費で、6.9 リッター/100 kmとなっています (EU 複合燃費テスト・サイクル)。
MINI Cooper は (MINI One と同様) 簡潔な構造の 5 速マニュアル・トランスミッションを標準装備しています。変速操作をオートマチック制御にまかせたい方には、無段階 CVT トランスミッションをオプション装備することをお勧めします。そうすると、MINI Cooper は、通常のオートマチック・モードか、もしくはステップトロニックによる 6 速トランスミッションでマニュアル・モードで運転することができます。
MINI Cooper には、合わせて 11 種類の車体のカラー・バリエーションがあります。
それらは、 3 種類のソリッド・カラーおよび 8 種類のメタリック塗装に分けられます。

小さくも確かな違い
現在最も売れている MINI モデルと、ベーシック・モデル MINI One との主な違いは、テール・ゲート・グリップ・ハンドルやラジエーター・グリルのエッジング、あるいはエグゾースト・パネルがクロム仕上げになっていることです。その他、MINI Cooper では ? MINI Cooper S でも同様 ? ルーフのカラーはボディのカラーに関わらず、コントラスト・カラーの白か黒で注文して頂くことができます。
175/65 R 15 のタイヤと15 インチ・アルミ・ホイールによっても識別することが可能です。
この俊敏な MINI にもっとインパクトを与えたい場合は、エンジン・フードに黒か白のボンネット ストライプ、クロム・ミラー・キャップあるいはルーフとドア・ミラーにチェッカー・フラッグかユニオン・ジャック・フラッグのスタイルのデザインをリクエスト出来ます。


■MINI Cooper S

このトップモデルは、このクラスでは以前と変わらず最も俊敏な車です。1.6 リッター 4 気筒インタークーラー・スーパーチャージャー付エンジンは、170 PS/125 kW にまでパワー・アップしました。その結果最高速度は 222 km/hに達します。
4,000 rpm で 220 Nm にまで達する豊かなトルクによって、加速の際にははっきりとした推進力を感じることができます。MINI Cooper S は、停止状態から 7.2 秒以内で時速 100 キロにまで加速します。

どんな状況下でも味わえる走る楽しさ
高性能の 6 速マニュアル・トランスミッションと駆動力を理想的に路面に伝える標準装備のトラクション・コントロールによって、走る楽しさを堪能して頂くことができます。標準装備のスポーツ・サスペンション・プラスによる理想的なハンドリング、力強いサウンド、そしてまた高級感のあるルックスが楽しさを実現します。
この力強い MINI がスポーツカーのレベルにあると言うことは、4 速での 80 km/hから 120 km/h への走行中スパートが実証します: アクセル・ペダルを踏み込んでから 6.1 秒でそれをやってのけるということは、この種目はクリアしたと言って良いでしょう。走行性能が極めて高いにも関わらず、燃費ではEU 複合燃費テスト・サイクルでガソリン 8.6 リッターだけという結果を残しています。

自信のある外観
MINI Cooper との違いは、エンジン・フードに取り付けられたエア・インテーク、車体と同色に塗装された特別仕様のバンパー、ならびにリヤ・スポイラーにはっきりと現れています。さらに、ホワイト・ターン・インジケーターおよびクロム・コーティングされたサイド・グリル、センタに配置されたエグゾースト・テール・パイプおよびタンク・フラップが、この MINI が特別なものであると言うことを示しています。テール・ゲートのグリップ・ハンドルは ? ラジエーター・グリルのスリットと同じく 車体と同色に塗装されています。ルーフとドア・ミラー・カバーは白か黒に塗装されていますが、無料オプションで車体と同色に塗装してお届けすることもできます。2 種類のソリッド・カラーと 8 種類のメタリック塗装が選択肢としてあります。
MINI Cooper S は、そのクラスの車両としては唯一エマージェンシー対策を施したランフラット・タイヤを標準装備しており、195/55 R 16 のサイズでアトラクティブな 16 インチ・アルミ・ホイールに取り付けられています。
色彩的に調和の取れたインテリアの中でも、ひときわ目を引くのが高級感のあるクロス、およびレザー素材、ならびにアルミニウムの光沢のある表面です。
ステンレス製エントランス・ストリップ、レザー・ステアリング・ホイール、レザー製シフト・レバー・ヘッドならびにステンレス製フットレストが高級感溢れる車内空間を演出します。

「走るためのクルマ」のための高速オートマチック・トランスミッション。
このトップモデルは、オプションとしてオートマチック・トランスミッションでもお届けできます。ステップトロニック機能とアダプティブ制御機能を装備しシフト・タイムの極めて短い 6 速オートマチック・トランスミッションによって、MINI Cooper S には敏捷性、スポーティな走行性能および快適な走行感が備わっています。
効率の高いハイドロリック・トルク・コンバータが柔らかなシフト・プロセス、そしてコンバータ・クラッチが動力伝達と低燃費に貢献します。オートマチック・トランスミッションの技術的改良が施されたギヤは、スポーツ(S)あるいはコンフォート(D)のシフト・プログラムにしたがってシフトされますが、操作は標準装備されているステアリング・ホイール脇に取り付けられているシフト・レバーでマニュアル(ステップトロニック)でも行うことができます。それに際して、エレクトロニック制御システムは常に走行状態をモニタし、シフト特性をその都度適合させます。
MINI Cooper S オートマチック・トランスミッションはスポーティに設計されているため、すでに 5 速で最高速度 220 km/h に到達します。停止状態から 7.7 秒以内で時速 100 キロに達します。EU 複合燃費テスト・サイクルでのテストではわずか 9.0 リッター/100km の燃費が算出されています。

リミテッド・スリップ・ディファレンシャルによるアクティブ・セーフティの向上
カーブや悪路でのトラクションを向上させ、快適な走行を実現するために、マニュアル・トランスミッション搭載の MINI Cooper S モデルには、リミテッド・スリップ・ディファレンシャルがオプション装備されています。
トランスミッション・ハウジングに内蔵されているこの機械制御ディファレンシャルによって、カーブにおける許容速度が向上します。さらにこのディファレンシャルはスリップを抑制することによってアクティブ・セーフティの向上に貢献します。車両は路面状態が異なっているときに特に制御しやすい状態にあり続けるからです。



関連記事(東京モーターショーBMW MINI展示の見所)
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その1「ハイライト」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その2「MINIモデルラインナップ」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その3「MINI Convertible」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その4「John Cooper Works」

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その5「MINIアクセサリー」


関連記事
[速報] BMW MINIに新ラインナップ登場!


関連記事(モーターショー関連)
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示概要

BMW MINIの「東京モーターショー」プレスカンファレンス・スピーチ内容 by ミヒャエル・ガナル博士

[速報] MINI Concept Tokyo登場!

[速報] MINI Concept Tokyo登場!〜その2

[速報] MINI Concept Tokyo登場!〜その3
| MINI ニュース | 00:11 | comments(0) | trackbacks(5) |







http://bmw.jugem.cc/trackback/3011

第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その1「ハイライト」
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示概要の続報です。 「第39 回東京モーターショー」向け、BMW MINIプレスインフォメーションより、見所を紹介します! まずはBMW MINIブースを総括したハイライトについて。 以下、お楽しみくださいっ!
| BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ | 2005/10/20 12:26 AM |
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その4「John Cooper Works」
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示概要の続報です。 「第39 回東京モーターショー」向け、BMW MINIプレスインフォメーションより、見所を紹介します! 注目の「John Cooper Works」チューニングキットの注目ポイントは?! 以下、お楽しみくださいっ!
| BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ | 2005/10/20 12:26 AM |
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その3「MINI Convertible」
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示概要の続報です。 「第39 回東京モーターショー」向け、BMW MINIプレスインフォメーションより、見所を紹介します! コンバーチブルモデルだけにフォーカスした紹介です。 以下、お楽しみくださいっ!
| BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ | 2005/10/20 12:26 AM |
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示の見所〜その5「MINIアクセサリー」
第39回 東京モーターショーBMW MINI展示概要の続報です。 「第39 回東京モーターショー」向け、BMW MINIプレスインフォメーションより、見所を紹介します! 最後に、MINIオリジナルのグッズ、アクセサリーなどについて。 以下、お楽しみくださいっ!
| BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ | 2005/10/20 12:27 AM |
東京モーターショー2005、BMW関連記事特集![Update]
東京モーターショー関連の記事が増えてしまったので、ここで一旦まとめておきます! (参照記事追加10/20) 以下の参照記事、関連記事で東京モーターショーのBMWブースを見た気分が味わえるかも? 【BMW】 ■BMW Concept Z4 Coupe     ■BMW Con
| BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ | 2005/10/20 2:10 PM |


BMWの見積もりはこちら


Prev<< 全 [] ページ中 [] ページを表示しています。 >>Next

BMW BLOG RING
[前へ]  [次へ]

BMW BLOG RING
[ランダム] 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ソーシャルネットワーク(SNS)
BOHPでSocial Networking!
詳しくはこちらをどうぞ

BOHPのオススメ本!
BOHPのオススメ本!
BOHPのオススメ本!
BOHPのオススメ本!
BOHPのオススメ本!
特集記事
・ Special BMW特集
・ Special BMW MINI特集
・ Concept BMW特集
・ Concept BMW MINI特集
・ Concept BMW Moto特集
・ Concept Rolls Royce特集
・ Concept BMW etc特集
・ BMW Power特集
・ BMW Moto Power特集
・ BMW UFO特集
・ BMW Art Car特集
レアなBMWだけを集めました!
BMWオタク必見コーナー!(^-^)
最新記事
ニュースカテゴリ
過去のニュース
最新のコメント
  • BMW等のエンブレム盗難被害が岡山で多発
    勝村 (01/04)
  • BMW東京、役員体制変更〜その2
    ピロピロ (01/12)
  • マクラーレンF1な動画〜その10
    ブーデ (10/19)
  • [噂]次期BMW M2(F87)?〜その60
    T (10/06)
  • BMW X5 M(F85)チューニング by IND
    X6乗り (10/05)
  • BMWモーターサイクルに補助輪〜動研の「タッチダウン」
    短足の嘆息 (08/30)
  • 平成ノブシコブシ吉村のBMW i8、ダイブしたらフロントガラスにヒビが・・・〜その2
    高梨りん (07/30)
  • BMW Individual〜BMW 4シリーズグランクーペ(F36)〜その2
    s (07/12)
  • BMW Individual〜BMW 4シリーズグランクーペ(F36)〜その2
    s (07/12)
  • ニュルブルクリンク24時間レース2015でのBMW〜その4
    s (06/09)
最新のトラックバック
BMWおたっきーず!リンク
モバイル!

BOHPをケータイで!
このBLOGもチェックできますよ。
http://www.bohp.net/i/
運営者

BMW
BMW i
ミニ
バイク
アルピナ
ロールス
F1
レース
ヨット
ネタ
お知らせ


当Blogは(株)paperboy&co.が提供するサービス「JUGEM」を利用しております。 このページの先頭へ